心裡留保(民法93条)

民法総則

民法93条は、心裡留保についての条文です。
心裡留保とは、簡単にいうと冗談のことです。

表意者が冗談を言ったに、それを聞いた方が本当のことだと受け取った場合に、民法ではどちらを救済するのか、ということが焦点です。

「クサい心裡でも有効。悪友(悪意・有過失)には無効。」などという語呂合わせもあるようです。
しかし、語呂合わせでなく意義を理解してしましましょう。

 
 

スポンサードサーチ

要件・効果

要件・効果の公式は以下の通りです。

 意思表示があること

 意思表示が真意とで不一致であること

 表意者自身が不一致を知っていること

= 意思表示は有効(効果)

例外
・ 悪意:相手方が表意者の真意を知っているとき
・ 有過失:真意を知ることができたとき

民法93条の公式

要件効果を、改めて条文から導き出みるとどうなるでしょうか。
まず、蛍光ペンを持ちながら、条文を素読してみます。

93条(心裡留保・前半) 意思表示は、表意者がその真意ではないこと知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない

公式にします。

  意思表示があること

  意思表示が真意とで不一致であること

  表意者自身が不一致を知っていること

= 意思表示は有効

この条文の後半には例外規定があります。

93条(後半)
ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。

公式にします。

例外
 悪意:相手方が表意者の真意を知っているとき
or
 有過失:真意をしることができたとき

例外規定は、原則の効果が得られないということです。
すなわち、例外に該当するときには無効となります。
>>無効についてはこちら

なお、心裡留保の例外は、代理人が顕名を表示しない場合の規定と似ていますね。
>>代理行為・顕名のない意思表示はこちら

スポンサードサーチ

意義

民法では、冗談を言った側と、言われた側のどちらを保護するかというと、言われた側を保護するということです。
つまり、たとえ冗談であったとしても、その意思表示を真摯に受け取った側を保護するということです。

ただし、原則どおりだとすると、言質をとったと言うだけで文字通り悪意に利用される可能性もあります。
それを排除すべく、相手方の悪意・有過失の場合は、その意思表示は無効としています。

まとめ

民法では、心裡留保、すなわち冗談を言った意思表示について、それを聞いた方が本当のことだと受け取った場合にそちらを保護します。
ただし、聞いた側が相手の真意を知っていたか、過失がある場合には保護せず、意思表示自体を無効とすると定めています。

タイトルとURLをコピーしました