代理権授与の表示による表見代理(民法109条)

民法総則

民法109条は、表見代理が成立する要件・効果を定めた条文です。
109条は、表見代理のうち、本人が第三者に対して、代理権を与えた旨を表示した場合についての要件・効果を定めています。

99条の代理についての要件・効果を基本として、それ以降の条文で、その要件に瑕疵があった場合の効果について定めています。
109条はその一部です。

そもそも、基本となる代理(99条)についての要件効果はこちら

表見代理の基本、無権代理との相違などについてはこちら

表見代理が成立する場合とは、一定の要件を満たせば、満足な代理権が無くとも相手方を保護しようという場合ですから、なぜその要件が必要かという観点で見ると良いと思います。

スポンサードサーチ

要件・効果

代理権授与の表示により表見代理が成立する場合の要件・効果は以下の通りです。

 代理権授与表示があること

 表示された代理権の権限内の行為であること

 相手方が善意・無過失であること

= 本人に効力が生じる

民法109条の公式

要件効果を条文から導き出みるとどうなるでしょうか。
蛍光ペンを引きながら、条文を素読して公式を導き出します。

109条(代理権授与の表示による表見代理)前半
第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間でした行為について、その責任を負う

公式にします。

 代理権授与の表示があること

 表示された代理権の範囲内の行為であること

= 本人が責任を負う(表見代理が成立する)

109条の後半には例外規定があります。

109条 後半
ただし、第三者が、その他人が代理権を与えられていないことを知り、又は過失によって知らなかったときは、この限りでない。

公式にします。

その他人が
 悪意:代理権を与えられていないことを知っているとき
または
 有過失:過失によって知らなかったとき

例外の要件はシンプルですから、これを反対解釈して例外でなく要件にまとめてみます。

例外の反対解釈
その他人が

 善意:代理権を与えられていないことを知らないとき

かつ

 無過失:代理権を与えられていないことを過失なく知らないとき

こうすると、文頭に記載したような要件にまとめることができます。

要件

 代理権授与表示があること

 表示された代理権の権限内の行為であること

 相手方が善意・無過失であること

スポンサードサーチ

意義・まとめ

109条は、代理権授与の表示による表見代理についての条文です。
本人が、第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示したものの、実はその他人には代理権がなかったときの効果について定めています。

本人が、代理権授与の表示をしたのですから、その責任を本人が負うということは、禁反言の法理という観点で信義則(1条2項)に反すると考えれば、自ずとその意義は理解出来ると思います。

タイトルとURLをコピーしました