時効

時効

時効の中断(民法147条)

時効の問題でよく出題されるのが、事項の中断事由です。 債権で連帯債務や連帯保証人に対しての絶対効や相対効を学ぶときに、どれが絶対効でなにが相対効なのか迷う人がいます。 このとき、「ソーセージを買いに行くのは面倒」などと語呂合わせ...
時効

消滅時効(民法167条)

民法では、大きく取得時効と消滅時効の2つに分けられます。 このうち消滅時効について、要件をまとめてみます。 消滅時効の要件・効果 消滅時効にかかるのは、債権(167条1項)と所有権以外の財産権(167条2項)です。 所有権以外の...
時効

取得時効(民法162条)

民法では、大きく取得時効と消滅時効の2つに分けられます。 このうち取得時効について、要件をまとめてみます。 取得時効の要件・効果 取得時効には、所有権の取得時効(162条)と所有権以外の財産の取得時効(163条)があります。所...
時効

時効-総則(民法144条、145条)

時効という言葉はよく聞かれる言葉だと思います。 民法では、大きく取得時効と消滅時効の2つに分けられます。 いずれの場合も、取消しできる意思表示は有効になります。 時効(総則)の要件 取得時効も消滅時効も、以下の要件を満たすことが...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました