民法総則

条件及び期限

条件|総説(民法127条、128条、129条、130条)

民法127条から130条までは、条件についての総説に関する条文です。 試験問題にしばしば出てくるのは、131条から134条までの随意条件です。 しかし、随意条件を問題文で理解するための基本が、条件の総説です。 考え方は難しくないの...
民法総則

法定追認と取消権の消滅(民法125条、126条)

122条から124条に定められた追認は、追認権者による意思表示をすることが要件にあります。 この意思表示について、法律の定めた行為をすることにより追認の意思表示をしたとみなす行為と、取消権を行使できなくなる期間が定められれています。 い...
民法総則

追認(民法122条、123条、124条)

民法122条から124条までは、取り消すことができる行為の追認の要件、方法について定めています。 追認は、取り消すことができる行為を、確定的に有効にする行為のことです。 簡単に言うと、取消しの反対の行為をするということです。 ...
民法総則

取消権者(民法120条)

民法119条から126条までは、無効及び取消しについて定めています。 無効と取消しは、当事者がその法律行為によって達成しようとした法律効果の発生を阻止する制度です。 取消しとは、有効ではないものの、法的に無効とまで定めていない行為に...
民法総則

取消し(民法121条)

民法119条から126条までは、無効及び取消しについて定めています。 無効と取消しは、当事者がその法律行為によって達成しようとした法律効果の発生を阻止する制度です。 取消しとは、有効ではないものの、法的に無効とまで定めていない行為につい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました