受験者へのメッセージ

条文や判例を丸暗記して、それで試験に合格したとして、それは本当に自分の力になっているのだろうか?
これが、試験勉強をし始めてからの大きな疑問でした。


『ただそう覚えてしまえば良い』と言われることが、学生のころから抵抗があったので、いつも『なぜそうなのだろう?』と考えてしまうのでした。


あなたが丸暗記学習に疑問をお持ちならば、学生時代理科系の科目が得意だったのではないですか?


たしかに、宅建士の民法、行政書士試験などの法律系資格取得の勉強をしていると、皆によく促されるのは、語呂合わせの記憶術や、過去問学習と条文の素読です。
そして、その学習が簡単に得点につながると思いたい気持ちも理解できます。


しかしながら、条文を暗唱できたところで、それが試験の回答にすんなりと結びつくとは限りませんよね。
なにより、仮に条文をたくさん暗記していたとしても、めでたく資格を取って開業したとしても、お客さんの問題解決に結び付けられるとは思えないのです。

例えば、連帯保証人となっている人から時効の可能性の相談を受けたとき、『セーコーコウソウメン』などと呟いて記憶をたどる専門家に、安心して相談することなど出来ないと思うのです。

こんな語呂合わせの丸暗記方法に頼って試験の点数を稼ぐよりも、しっかりと理論や理屈を理解して法律を学びたいと思い、それを実践していました。

もちろん、法学部でしっかりと法律を学んで、たくさんのレポートを書き上げて卒業したという経歴の方は別かもしれません。

しかし、私も含めて、畑違いの場所から行政書士試験を受けて合格している人などは、やはり学問として法律を一通り学ぶべきであると思うのです。
そのためには、資格取得のための資格試験でなく、少なくとも自身の身につくような勉強法を、受験の前からしておくべきだと思います。

一方で、デメリットとしては、このような勉強方法の方が時間がかかります。
一つの条文について、極端に言えば丸一日考え抜くこともありました。
ただし、結局このやり方のほうが、記憶の定着に繋がりやすかったのです。
少なくとも私の場合はそうでした。

ですから、あなたが試験合格を目標にするのでなく、試験合格後に資格を使って実務に役立てたいと考えるなら、暗記学習でなく理屈を理解する学習にシフトするべきです。

このような学習方法で、少しでもあなたのお役にたてられれば幸いです。

スポンサーリンク
公式で解く民法 理科系の宅建士試験対策
タイトルとURLをコピーしました