民法総則

無 効(民法119条)

民法119条から126条までは、無効及び取消しについて定めています。 無効と取消しは、当事者がその法律行為によって達成しようとした法律効果の発生を阻止する制度です。 無効な行為とは、そもそもその行為によっても効力を生じない行為です。 ...
民法総則

代理権消滅後の表見代理(民法112条)

民法112条は、表見代理が成立する要件・効果を定めた条文です。 112条は、表見代理のうち、代理人の代理権が消滅した後の代理行為についての要件・効果を定めています。 99条に定める代理についての要件・効果を基本として、それ以降の条文...
民法総則

権限外の行為による表見代理(民法110条)

民法110条は、表見代理が成立する要件・効果を定めた条文です。 110条は、表見代理のうち、代理人が、権限外の法律行為をした場合についての要件・効果を定めています。 99条に定める代理についての要件・効果を基本として、それ以降の条文...
民法総則

代理権授与の表示による表見代理(民法109条)

民法109条は、表見代理が成立する要件・効果を定めた条文です。 109条は、表見代理のうち、本人が第三者に対して、代理権を与えた旨を表示した場合についての要件・効果を定めています。 99条の代理についての要件・効果を基本として、それ...
民法総則

表見代理(民法109条~112条)

代理は、民法99条に定める要件・効果を基本として、それ以降の条文で、その要件に瑕疵があった場合の効果について定めています。 >>代理(民法99条)についてはこちら 109条、110条および112条では、代理の要件のう...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました