行為能力

未成年者(民法4条、5条)

未成年者についての条文です。 未成年者については、要件を丸暗記するのでなく、未成年者の意思能力と行為能力を理解して、それを保護する意義を理解すれば、要件・効果が自ずと導かれてきます。
行為能力

補 助(民法15条、17条)

制限行為能力者制度の条文です。 ここでは、後見人、保佐人、補助人などの制限行為能力者の定義、法律行為の効果について定めています。 しかし、後見人、保佐人、さらには補助人の違いについて、逆に記憶してしまったり、記憶が曖昧になってしまっ...
行為能力

保 佐(民法11条、13条)

制限行為能力者制度の条文です。 ここでは、後見人、保佐人、補助人などの制限行為能力者の定義、法律行為の効果について定めています。 しかし、後見人、保佐人、さらには補助人の違いについて、逆に記憶してしまったり、記憶が曖昧になってしまっ...
行為能力

成年後見(民法7条、9条)

制限行為能力者制度の条文です。 ここでは、後見人、保佐人、補助人などの制限行為能力者の定義、法律行為の効果について定めています。 しかし、後見人、保佐人、さらには補助人の違いについて、逆に記憶してしまったり、記憶が曖昧になってしまっ...
民法総則

意思表示まとめ(民法93~96条)

民法93条から96条までは、表意者の真意と意思表示が異なる場合、または詐欺や強迫によるなど何らかの不備(瑕疵)がある場合について定めている条文です。 意思の欠缺、瑕疵ある意思表示などといいます。 意思の欠缺や、瑕疵ある意思表示があっ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました