民法総則

民法96条(詐欺または強迫)

民法96条は、詐欺または強迫についての条文です。 詐欺は文字通りですが、強迫は『脅迫』とは違います。 どちらも、不当な手段で相手になにかを要求している意味のことばです。 しかし、刑法上使用される『脅迫』とは、『相手を脅して何かを要...
民法総則

民法95条(錯誤)

民法95条は、錯誤についての条文です。 錯誤とは、いわゆる勘違いをしたときのことです。 錯誤の要件、与作ジム 与(要素)作(錯誤)ジ(重過失)ム(無い) などという語呂合わせもあるようです。 しかし、語呂合わせでなく意義を理解...
民法総則

虚偽表示(民法94条)

民法94条は、虚偽表示についての条文です。 「急死(94条)通報、虚偽なら無効。知らぬ人(善意第三者)には対抗できず。」などという語呂合わせもあるようです。 しかし、語呂合わせでなく意義を理解してしましましょう。
民法総則

心裡留保(民法93条)

民法93条は、心裡留保についての条文です。 心裡留保とは、簡単にいうと冗談のことです。 表意者が冗談を言ったに、それを聞いた方が本当のことだと受け取った場合に、民法ではどちらを救済するのか、ということが焦点です。 「ク...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました